スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV局の夜桜

ブチャ夫とふたり、用事を済ませた帰り道、

代々木のあたりへ出ました。


「折角、クルマなんだから都心をドライブしようよ

「…なにが折角?運転してるのは俺ですけど

「え~っ?じゃあ変わる?私、きっとぶつけるよいいの

 対人事故なら人生破滅だな~ルララ~

「…確信犯め


こんな都会のど真ん中、しかも夕刻。

ドライブするには不向きな時間帯でしたが、

ブチャ夫は安全運転で一回りしてくれました。


とは言え、タクシーを拾おうとする人が車道にぐんぐん出てくるし、

それに応じて、いきなりタクシーは停車するし、

いかつい外車が平気で2重駐車。

一瞬の油断も許されません。(私が言っても説得力ないけど)

どんくさいクルマには容赦なくクラクション

いやはや、都会のドライバーはサバイバーですね~


「ほえ~」っと、大都会の夜を見物しているつもりが、

気付けば交差点で信号待ちしている大勢の人に見物されているハメに。

うっかり車内で馬鹿面もできません(苦笑)。 


その内に、クルマは六本木へ。

ブチャ夫が六本木ヒルズに来てくれました。

けやき坂は当然、まだまだ冬木立でしたが、

毛利庭園の方へ進むと

CIMG0051_convert_20090401173148.jpg

ライトアップされた桜が水面に映えて、幻想的な風情です。

毛利庭園は、こぢんまりとして平坦な印象の為、

庭園と言うより「テレ朝の壺庭」感は否めません。

毛利家上屋敷の遺構はどんな造りだったんでしょうね。

でも、テレビ朝日のビルの横にちょびっと東京タワーが

覗いていて面白い景色ではありますが。



「報道ステーションのお天気コーナーの桜はこれか~」

風のない暖かな夜だったせいか、噴水の前のテーブルに着いている人も多く、

夜桜を携帯で撮影する人も沢山いました。


お次ぎは、すぐ近くのTBSへ。

TBSと言えば「赤坂サカス」。

「さかさかさかす」って聞こえますよね~。

こちらは1周年記念イベント「花SACAS」が開催中。

メリーゴーラウンドや、フレンドパークのアトラクション等が

賑やかでした。(ミニSLは19時まで)

大画面のブロック崩しは見ていても楽しく、行列ができていました。

CIMG0058_convert_20090401185358.jpg

記念撮影用?にベンチにはBooBoが。

SACAS坂沿いの桜は濃いピンクにライトアップされて

独特の雰囲気をかもしています。

11種類の桜を植えて開花期をずらしてあるそうなので

晩春まで観桜が楽しめますね。


TV局の夜桜ハシゴをしっかり楽しみ、

帰る頃には混雑も大分ゆるんでいました。


「この間、日本テレビの前も通ったし、

 あとはフジテレビだな~。チラッ

「なにがチラッだ」

「お台場行きたいな~。チラチラッ

「………」ピッピッ

無言でカーナビを操作するブチャ夫。

「わ連れてってくれるの!?」

ナビ「ジタク、ニ、セッテイシマシタ」

「ちょおっとぉ~~~っ


次はお台場行くぞ~


鳩三郎

ブチャ夫が、自分と同じロードバイク乗りの方の

ブログを読んでいて、

「そうか、チネリストは鳩サブレーなのか」

と呟きました。

なんのこっちゃと思って問うと、

フレームやフォークを製作しているColombus社のマークが

鎌倉銘菓「鳩サブレー」の形に激似なので、

Cinelli乗りは鳩サブレーのマスコットを

愛車にぶら下げているらしい。

しかも、鳩グッズは本店の限定商品だとか。


「そうか…良いなぁ。俺も仲間に入りたい」

「鳩ならいいって訳でもないの?

 鳩のマークの引っ越しセンターとか、

 イトーヨーカドーとか」

「やだよ、そんなの

「じゃあ、買いに行こっか」


…な、訳で。

思い立ったが吉日です。

鎌倉まで行っちゃいました(笑)。

変な時間に着いたので、キレイな写真は撮れなかったけど

ここ数日の寒さで桜のツボミも動いていませんでした。

CIMG0020_convert_20090330180723.jpg

鶴岡八幡宮の参道。

よ~く見ると2・3輪が開花しています。

ソメイヨシノでしょうね。

桜のトンネルになるのは来週あたりかな?


ついつい観光気分になりますが、

今日の目的は鳩

急がないとお店が閉まっちゃう

CIMG0018_convert_20090330181653.jpg

さすが鎌倉を代表する銘菓の老舗、立派です。

あくまでも「鳩サブレー」いっぽんなのが、すごいです。


ゆったりした店内の左奥のショーケースに

お目当ての鳩グッズが並んでいました。

「あった

「そっくり

CIMG0031_convert_20090330185853.jpg

お馴染みの鳩サブレーが3㎝くらいに縮小されてます。

表面のザラザラ感まで表されていてリアル

台紙の注意書きにも、

鳩サブレーに酷似しておりますが食品ではありません。」

…納得の仕上がりです(笑)。

マスコットの裏面には「鳩三郎」と彫ってあります。

3D?の「鳩ぽっぽ」もコロコロして可愛いです。

ちなみに「鳩三郎」とは創業時からの

鳩サブレーの愛称…と栞に書いてあったと思います(たぶん)。

CIMG0032_convert_20090330192448.jpg

可愛らしさのあまり、ついで買い2種。

「走るシャープペン 流鏑馬」は装束姿の鳩が細かいです。

なので、恋のお守りがわりでしょうか。

「走るボールペン ハトカー」は、ちゃんと後ろに

ナンバープレートが付いてて笑えます。

どちらもペンから外してチョロQみたいに走らせる事ができます。

他にもまだまだ鳩グッズが並んでました。

老舗の余裕というか、遊び心があって良いですよね。

これが「鳩サブレーキティー」とか「鳩サブレードラえもん」

じゃないところがミソです。


無事に「鳩三郎」を手に入れたブチャ夫は上機嫌

「さ~さ~帰ろ帰ろ~

「えぇ~っ、もう帰るの~

「だって、もう閉店だよ」

そう、寺町・鎌倉の夜は早仕舞い。

18時くらいでどんどん閉まってしまいます。

後ろ髪を引かれる思いではありましたが、

結局、鳩グッズを買っただけで早々に引き上げました。

なんと言っても寒かったし…

また、花の時期に再訪したいです。


あっサブレー買うの忘れたっ

道草を食う。

今日は所用で、つくばの方へ行ってきました。

世間は3連休の真っ只中

常磐自動車道も程よい流れ

来週には、お花見ドライブ客で混み合うでしょうね。


さて、帰り道、守谷SA(上)に立ち寄りました。

首都高に入る前の重要な休憩ポイントです。

友部SAも人気ですが、守谷も数年前にキレイになって、

今ではイベントも多く開催されているようです。

行楽シーズンという事で、21時過ぎても露店が賑わっていました。

CIMG0077_convert_20090322181936.jpg

この暖かみのあるオレンジ色の灯りはクセモノですよね~。

ついつい買い食いしちゃいます。

誘蛾灯に群がる羽虫のごとく、本能ですね(笑)。

CIMG0078_convert_20090322190053.jpg

「一銭洋食」と言う、お好み焼きの先祖?みたいなのを買ってみました。

見た目は大きなツクネ状で、割り箸が刺してあります。

「お箸を引き抜いて、そのお箸で食べて下さい」との事。

ふわふわのクレープ様の生地で、キャベツの千切りを包んでありました。

甘~いソースが良いです


運転中の眠気防止に「干し納豆」も買いました。

これ、北関東以外では見た事がないんですが、

まんま、納豆を乾燥させたもので、歯応えが良いんですよね~。

カリカリのハードタイプも、生干しのソフトタイプもありますし、

梅風味や青海苔のまぶされたもの、油で揚げたスナックタイプもあります。

ドライブのお供に、お酒のアテに、おすすめです

CIMG0080_convert_20090322191738.jpg

あと、おまけ。

キティーちゃんの自販機。

でも、売ってる物は至って普通。提供はKIRINです。

限定キティー缶とかあると良いのにな~。



最終日。

あっと言う間に最終日。

今夜には母が帰ってしまいます…。

最後までガッツリ楽しんでもらうべく、

残りのリクエスト、「海を見る」「浜離宮」「銀ブラ」を実行。


まずは浜松町から竹芝へ。

海の真ん前のホテルでランチ

「キレイ」と「美味しい」の連発です(笑)。

優雅な時間を過ごした後は、腹ごなしに浜離宮を散策しました

CIMG0063_convert_20090319233730.jpg

「お花畑」エリアには菜の花が一面に咲き乱れていました。

周辺の高層ビル群とのコントラストが不思議な感じです。

桜の開花期に合わせて、改修中の箇所も多いですが、

お花見シーズンにはきっと大賑わいでしょうね。


浜離宮を出て、そのままテクテク銀座方面へ歩きだしました。

途中、汐留の日本テレビをチラッと冷やかしながら、

新橋から銀座へ。

歴史のある街ですが、常にお店が入れ替わってもいるので

訪れる度に新しい発見があります

昨年話題になったH&Mも、すっかり落ち着いて入りやすくなってました。

4丁目の和光の時計を見て、

「ああ、銀座へ来たって実感するわ~」

と、ご満悦の母。

結構な距離を歩かせてしまったけど、

「疲れた」なんて一言もなく、ウキウキと弾んだ様子に

私も嬉しくなりました。


その後は上野へ移動し、お仕事帰りのブチャ夫と待ち合わせ。

3人で食事して、駅のホームまでお見送り…。

「楽しかった」と何度も繰り返す母と別れるのは

いくつになっても、やっぱり寂しいです。

しんみりしないように、

「お母さん、次はあそこへ行きましょうよ」

と、気遣い続けてくれたブチャ夫にも感謝


本当にあっと言う間の4日間でした。

またね、お母さん。

体に気をつけて。


お接待?

今日は、ブチャ夫も一緒に3人で出かけました。

母のリクエストではなく、私たちプレゼンツの一日です。


まずは青梅市の吉野梅郷へ観梅に。

なんでも、日経新聞で「日本一の梅の名所」に選ばれたそうです。

でも、暑いくらいの陽気で来週には桜が咲く東京、

梅はもう終わっちゃってるんじゃ…と、実は半分諦めていたんですが、

行ってビックリ、まさに満開の見頃

CIMG0027_convert_20090318022514.jpg

丘陵一面に、様々な白梅・紅梅が咲き乱れていました。

散策コースが広く、適度にアップダウンしているので、

花の谷を巡るような感覚です。

皆、思い思いにレジャーシートを広げ、

お弁当を食べたり、お昼寝したり…。

大きな望遠レンズのアマチュアカメラマンも

大勢詰めかけていました。


その後は、梅郷ちかくの澤の井酒造へ。

多摩川のせせらぎを眺めながら一服できるお休み処があります。

川風が清々しくて、つい長居してしまいそう。


無料の酒造見学にも参加しました。

もちろん、お目当ては試飲ですが~

元禄年間の創業らしく、当時の蔵がそのまま残されていました。

興味深いお話を沢山聞けて面白かったです。

最後の試飲の時に教えてもらった、おちょこのまめ知識。

CIMG0036_convert_20090318031710.jpg

おちょこの底の蛇の目柄には、ちゃんと理由があるんだそうです。

白い部分で酒の色目を見て、青い部分で酒のにごりを見る為なんですって

「うわばみ」とは関係ないのね


最後はホテルビュッフェにご招待

お肉大好きな母は、ローストビーフに舌鼓

スイーツまでガッツリ食べて、大満足の大満腹

CIMG0044_convert_20090318035017.jpg

今日も、母の「しあわせ~」コールが聞けました(笑)。

キレイなものと美味しいものが大好きな母を喜ばせようと、

一緒に企画を練ってくれたブチャ夫にも感謝です

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

[Sally]

Author:[Sally]
夫 :ブチャラティ
  「脱メタボ!」
妻 :サリー
  「四角い部屋は
   丸く掃け!」
猫娘:海
  「うにゃ?」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。